Welcome! Arts and Media!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「メディア文化論演習」 2012年11月10日 (平成24年度 第2回)

2012年11月10日(土)に行われた平成24年度 第2回「メディア文化論演習」を紹介します。

演習場所は大阪市中央区の大阪城周辺です。
演習のチェックポイントは『大阪市立博物館』、『大阪城』、『大阪砲兵工廠』、『大阪府庁舎』です。
集合場所の大阪城天守閣

集合の様子
集合場所の大阪城天守閣前です。当日の天気は曇り!最高気温16度と前回の演習より寒くなってきました。

最初に演習を行ったのは大阪城天守閣の南側、目と鼻の先に建てられた『大阪市立博物館』です。

大阪市立博物館の正面
大阪城天守閣とは対照的なデザインでまるで西洋の要塞のようです。

大阪市立博物館の内部見学
現在は建築構造に耐震問題を抱えているため、展示もちろん内部の見学も行われていないのですが、
当日は特別見学ツアーが催されていました。もちろん参加します。

大阪市立博物館の発表
見学後は、大阪市立博物館の外観を眺めながら、発表を行いました。
残念ながら内部の撮影は禁止だったため写真はありませんが、とにかく放って置くのがもったいないくらい、
とても立派な内装でした。

次は『大阪城天守閣』です。
大阪城天守閣の正面

大阪城天守閣の発表
内部の見学は行わずに外観を眺めながら、発表を行いました。
天守閣の最上部は安土桃山時代の造りを再現しているのですが、下層は江戸城を模したデザインだそうです。

次は『大阪砲兵工廠』へ向かいます。

大阪砲兵工廠に到着
コレがそうですよね・・・大阪城の北外濠のすぐ傍にありました・・・

大阪砲兵工廠の正面
今にも崩れ落ちそうな雰囲気です。工事をする際に使用する「安全第一」の黄色い柵にものものしさを感じます。

大阪砲兵工廠の発表
隣接する化学実験塔の前で発表を行いました。

化学試験塔の正面
大阪砲兵工廠はこの二棟の建物を残し、大東亜戦争の空襲で破壊されたようです。
まさか演習で戦争の爪痕を感じることになるとは思ってもいませんでした。

次に向かったのは『大阪府庁舎』です。

大阪府庁舎に到着
大阪城の北外濠から西外濠に移動すると見えてきました。

大阪府庁舎の入口
当日は土曜日だったため、府庁が休業しており、内装は見学できませんでした。

大阪府庁舎のレリーフ1
大阪府庁舎のレリーフ2
しかし、白色で統一されたのタイルや美しい装飾を施されたレリーフなどの外観からは、
他の建築物との違いを感じさせる。

演習大阪編2の終了
以上で第2回演習は終了しました。次回は紅葉のシーズンに入った京都編、第1弾です。

PageTop

「メディア文化論演習」 2012年10月20日 (平成24年度 第1回)

2012年10月20日(土)に行われた平成24年度 第1回「メディア文化論演習」を紹介します。

演習場所は大阪市天王寺区の四天王寺周辺です。
演習のチェックポイントは『四天王寺伽藍』、『四天王寺八角亭』、『大阪市立美術館』、『通天閣』です。
それぞれのチェックポイントでは担当者が事前に作品について調べてきた内容を発表します。

20121020_集合場所の四天王寺鳥居
集合場所の四天王寺鳥居前です。当日の天気は快晴!最高気温23度と絶好の遠足演習日和です。

境内に入り、四天王寺伽藍の前まで来ると発表開始です。
四天王寺伽藍_発表
受講者のみなさん、配布された資料を真剣に見入っています。

四天王寺伽藍_見学
発表後は更に見学を行い、写真に記録するなどして理解を深めます。


次は同じ境内にある八角亭に向かいます。
本坊庭園_入園
八角亭は本坊庭園という庭園内に建てられているため、入園します。

本坊庭園_見学
本坊庭園内も立派な造りだったため、見蕩れてしまう。

天王寺六角亭_見学
お目当ての四天王寺八角亭に到着です。想定外に小さく可愛らしい建物です。

次に向かったのは大阪市立美術館です。
大阪市立美術館は天王寺公園内に建てられているため、入園します。
大阪市立美術館_発表
大阪市立美術館正面にて発表です。

発表後、美術館に入館し内装と特別展『紅型』を見学します。
大阪市立美術館_休憩
途中、館内2階にあるカフェテリアにて休憩です。

次に向かったのは、最終チェックポイントの通天閣です。
通天閣_解散
通天閣の真下まで来ると大阪独特の雰囲気や観光客のにぎわいを感じます。

通天閣_見学
こんな感じで、第1回演習は終了しました。次回は大阪編、第2弾です。

PageTop

桑木野先生が担当する「メディア文化論演習」の紹介

本コースの教員である桑木野先生が担当する講義
『メディア文化論演習』
について紹介します。筆者は平成24年度履修者の木羽です。よろしくお願いします。

『メディア文化論演習』とタイトルだけではどのような演習か想像し難いかもしれませんが、
関西にある史的な建築や庭園へ実際に足を運び、見学することによって総合的に理解する演習です。

みなさんも街中を歩いていて、あきらかに周りの景観から浮いた建造物などに違和感を感じたりしませんか?
その建造物を詳しく調べてみると、おそらくそこには歴史的な背景があり、今に至っているのです。

本演習は実際に足を運んで見学を行うため、演習の行える距離範囲には限界があります。
しかし、幸いにも大阪大学のある大阪はもちろん、近隣の京都や兵庫、奈良など、
歴史的にも繁栄した都市が大阪大学の周りに存在し、
そこには重要文化財クラスの建造物が数多く残っています。

これほど多くの文化財と接することが出来る地域環境は、関西以外ではなかなかありません。
みなさんもこの機会に、本演習を通して関西の文化財に触れてみませんか?

ちなみに演習の様子はこんな感じです。
メディア文化論演習_紹介_001
写真の場所は大阪市天王寺区の「大阪市立美術館」です。

それでは、次回から平成24年度の演習の様子を順に紹介します。

PageTop

Arts and Media vol.2

みなさま、こんにちは。
M2のたにわきです。

早速ですが、
『Arts and Media』第二号が発売になりました!

創刊号に引き続きまして、研究室メンバーと多彩なゲストの皆様による論文、インタビュー、エッセイ等を収録しております。
美術、演劇、メディア、文化政策など、アート・メディア論研究室が扱う各分野の実践と研究の最先端がつまった一冊です。見かけられた方は、お気軽にページを繰ってみてください。

また、昨年発刊いたしました第一号も、ご好評をいただきましたので新装版にて増刷となりました。

vol.1、vol.2とも、amazon、大阪大学生協、一部大型書店などでご購入いただけます。
在庫切れの際は、当研究室までお問い合わせ下さいませ。
(5/28現在、アマゾンではご購入いただけない模様です。すみません。)


============================
執筆者(所属は2012年3月現在)
============================

[特別講演]

黒田 武志 デザイナー、造形作家/「sandscape」主催


[寄稿]

前田 真由子 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)特任研究員
間屋口 克 NPO法人大阪現代舞台芸術協会・理事/舞台芸術 制作・プロデューサー
加藤 瑞穂 大阪大学総合学術博物館 招聘准教授


[教員]

永田 靖 教授 専攻:演劇学/パフォーマンス・スタディーズ
市川 明 教授 専攻:ドイツ文学/ドイツ演劇
桑木野 幸司 准教授 専攻:西洋美術/建築/庭園史
圀府寺 司 教授 専攻:西洋美術史/メディア論
三宅 祥雄 准教授 専攻:現代フランス哲学/映像論


[院生]

二年

小野 紗也香
田村 恒憲

一年

植野 美緒
岡田 かいり
岡本 酉子
佐々木 教順
谷脇 栗太
チン ユウシ
朴 美華

============================
contents
============================

[論文/monograph]

ハイナー・ミュラーにおけるドイツとドイツ史
/ 市川 明
Deutschland und die deutsche Geschichte bei Heiner Müller / Akira Ichikawa

物語としてのニュース
/ 田村 恒憲
News as Stories / Tsunenori Tamura

ブレヒトとズーアカンプ――ブレヒトと出版する
/ 小野 紗也香
Brecht und Suhrkamp ― Verlag mit Brecht / Sayaka Ono


[特別講演 / lecture]

デザイン/アート/舞台――境界のない創造性
/ 黒田 武志
Design / Art / Stage ― Borderless Creativity / Takeshi Kuroda


[インタビュー / interview]

アヴァンギャルド重森三玲が現代に残した波紋――庭園、そして芸術をめぐる問い〈重森千氏インタビュー〉
/ 植野 美緒
The Ripple of Modern Life by Mirei Shigemori / Mio Ueno

メディアアートとデザインの展望Ⅱ――アルスエレクトロニカ・大阪展『Poetory of Motion』をめぐって
/ 前田 真由子
Vision of media art and design in Osaka ― The Ars Electronica exhibition in Osaka [poetory of Motion] / Mayuko Maeda

演劇のちから――支援に演劇はどう生かされるか
/ 岡田 かいり
Interview with Shun Shioya ― the Power of Performing Arts for Supporting Activities / Kairi Okada


[報告 / report]

軽演劇にかかわる二つのイベントに参加して
/ 岡本 酉子
A Report on "The 4th Old Town Taito International Comedy Film Festival" and "Moulin Rouge Shinjukuza Symposium" / Yuko Okamoto

文化庁メディア芸術祭 京都展『パラレルワールド京都』における活動報告
A Report on "PARALLEL WORLD KYOTO" / Mifa Paku

精華小学校の再生にむけて
/ 間屋口 克
For the Reuse of SEIKA / Masaru Mayaguchi

[エッセイ / essay]

畠山直哉展に寄せて「シエル・トンベ」についての一考察
/ 佐々木 教順
An Essay on "Naoya Hatakeyama: Natural Stories" / Kyoujun Sasaki

からほりとわたくし――からほりまちアート顛末記
/ 谷脇 栗太
From the end to the begining of KARAHORI-MACHI-ART / Kurita Taniwaki

学術・芸術・メディアにおける知的防衛についての小考察
/ チン・ユウシ
Intellectual Defense of Arts,Media and Scholarship / Youshi Chen


[教員より #prof.]

建築家ヴァザーリ:生誕五〇〇周年をめぐって
/ 桑木野 幸司
Giorgio Vasari, 500 anni dalla nascita / Koji Kuwakino

アキラ・イン・ワンダーランド Part 2
/ 市川 明
Akira in Wonderland Part 2 / Akira Ichikawa

具体美術協会アーカイヴの未来
/ 圀府寺 司 / 加藤 瑞穂
Future of the GUTAI Archives / Tsukasa Kodera / Mizuho Kato

客演の思想――二世左団次のソビエト公演から
/ 永田 靖
An Initial Intercultural Trial: on the First Overseas Kabuki Performance in the Former Soviet Union in 1928 / Yasushi Nagata

映画のなかの鏡/鏡のなかの映画
/ 三宅 祥雄
miroir au cinéma / cinéma en miroir


============================
奥付/a publisher's emblem
============================

『Arts and Media volume 2』
発刊日 2012年3月24日
発刊元 大阪大学大学院文学研究科文化動態論アート・メディア論研究室
  http://www.let.osaka-u.ac.jp/letters/education/graduate/g-artmedia.html
  http://amedia55.blog91.fc2.com/

デザイン/組版 松本久木(MATSUMOTOKOBO Ltd.)
印刷 株式会社サンエムカラー
製本 新日本製本株式会社

連絡先 大阪府豊中市待兼山町1-5 市川研究室(Tel. 06-6850-6348)


『Arts and Media』
Publication Date: March 24, 2011
Published by Osaka University School of Letters Masters Programme Arts and media
 
 
Design/DTP: Hisaki Matsumoto (MATSUMOTOKOBO Ltd.)
Print: SunM Color Co., Ltd. / bound: Shinnihon Bindery Co., Ltd.

Contact to: Osaka University, 1-5 Machikaneyamacho, Toyonaka, Osaka
560-8532 Japan
Professor Akira Ichikawa (Tel. 06-6850-6348)

PageTop

平成24年度入学者のご紹介!

文学研究科平成24年度入学のアート・メディア論研修室メンバーのご紹介をします。



井上 真央(いのうえ・まお)
■出身  奈良県
■研究テーマ  ソーシャルメディアとアート、都市空間と文化について
■趣味  旅行、写真、料理
■ひとこと  色んな人や場所にあって、積極的に学びたいと思います。よろしくおねがいします。


木下 麻衣(きのした・まい)
■出身  大阪府吹田市
■研究テーマ  "クールジャパン"の活動/アメリカ政治とアート/新NPO法/学校と芸術団体の協力方法
■趣味  ダンス・料理・歌・カラオケ・ミュージカル
■ひとこと  おまつりごとと笑うことが大好きです。性格が男っぽい(?)ので、あだ名が"まいゴロー"でした。ずほらな性格が直らない事が最大の悩みです・・・そんな私ですが、(どうか見捨てず!!)ひろい心であたたかく接してやって下さい。


木羽 康真(きば・やすまさ)
■出身  大阪
■研究テーマ  「震災後の鎮魂とアートについて~神戸ルミナリエ~」
■趣味  グラフィックやシステムのパソコン関係、写真撮影、陸上競技
■ひとこと  好きな食べ物はココアで、嫌いな食べ物はトマトです。


澤田 花野(さわだ・かの)
■出身  富山県
■研究テーマ  米国映画における英語演劇
■趣味  1人でどこにでも行けます。(ランチ、カラオケ、居酒屋、海外旅行)
■ひとこと  すごく人見知りなので大人しい人だと思われがちですが、「初対面の時とイメージが違いすぎる」とよく言われます。大阪に来たばかりで友達がいないので仲良くして下さい。よろしくお願いします。


設樂 里菜(したら・りな)
■出身  山形県
■研究テーマ  アート・マネージメント、舞台芸術に興味があります。
■趣味  楽器、旅
■ひとこと  ねこがすきです。最近の野望はスリランカで象にのることです。


董 褘菲(トウ・イヒ)
■出身  中国河北省
■研究テーマ  中国第五代監督たちの集団「転型」について
■趣味  映画、アニメ、旅行
■ひとこと  どんなことにも興味があって、友達もいっぱい作りたい中国人留学生です!よろしくお願いします!大阪大好き!!!一緒に町散歩に出かけましょう!!!


西川 良子(にしかわ・よしこ)
■出身  日本
■管理者からひとこと  西川さん、自己紹介カードを早く出してください♡byのだ


野田 達也(たつや・のだ)
■出身  Y△M△G△T△
■研究テーマ  場所性 /バンクシー /看板建築・都市 /聖地巡礼 /Google EARTH的一望性
■趣味  詩吟(ウソ)
■ひとこと  自宅警備CEOもやってます。ワイルドだろー?好きな食べ物はイノシシです。ワイルドだろー?

北條 瞳(ほうじょう・ひとみ)
■出身  千葉県
■研究テーマ  フリードリッヒ・デュレンマット
■趣味  クラリネット
■ひとこと  本が好きです。本屋でバイトしてます。休みの日はもっぱらミステリー読んでるインドアな感じなので飲み会などあったら喜んで出て行きます。


山本 夏海(やまもと・なつみ)
■出身  大阪府豊中市
■研究テーマ  演劇と教育の関係について
■趣味  空手・日本舞踊
■ひとこと  見かけによらず人見知りがはげしいですが、仲良くしてください!



以上、10人でした!皆さんよろしくお願いします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。